新型コロナウイルス

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:雑感

彼を知り己を知れば百戦して百戦危うからず~
~新型コロナウイルス…

コロナウイルスのため、日本でも緊急事態宣言が出されましたが、5月25日に全面解除となりました。
しかし、これが収束というわけではありません。なぜ、日本でとりあえずパンデミックを押しとどめられたのかが分かっておらず、また、治療薬、ワクチンもできたわけではありません。(希望的観測が多分に交じっていますが)早期の治療薬を期待された他の疾患のをみても、根本的な解決は難しいかも知れません。
治療薬・ワクチンについてはあまりに専門的すぎるので我々素人は、政府を通じて、補助金等のサポートをするしかありません。
政治家もこの点については、説明されても、よくわからない、ということになるでしょう。
その点は、もっぱら研究者に頼むとして、政府や政治家には、パンデミック等の予防策を研究していただきたいと思います。
コロナとの戦いは、なんの前触れもなく、突然発生したものでした。
孫子の兵法では「彼を知り己を知れば百戦して百戦危うからず」と言っています。
しかし、今回の突然の戦いは、彼(コロナウイルス)を知る時間も与えられず、世界中が暗中模索で対応しているというところです。
その中で、幸い日本では、とりあえず、パンデミックは避けられました。
アメリカやヨーロッパでは、ロックダウン等、日本より厳しい処置をとったにもかかわらず、日本よりはるかに悪い状況です。
でもなぜかが分からない限り、日本でも、ビクビクしながら、日々を過ごさなければならず、第2波、第3波にずっと怯えなければなりません。
政府としても、「もう安心していいですよ」とは、治療薬・ワクチンが出来、供給体制も整うか、あるいは、今回のパンデミック回避における分析が十分出来るか、のいずれかでない限り、言えないでしょう。もし、見切り発車で進んだら大きな批判をうけますから、政治家は、身を守る保険として、「警戒を緩めないでください」と言い続けるでしょう。

このようなビクビク状態は短期では終息しない見通しだと、経済はどうするかを考えねばなりません。
政府でも、地方自治体でも、対策は取られています。ただ、地方自治体では、例え東京都と言えど、予算が限られる以上、出来ることは限られるでしょう。期間が長引けば当然もたない。
やはり、国、政府の対策がカギと言えるでしょう。ここは、政治家の本領です。
現在、政府等でも様々な取り組みがなされています。勿論、窮乏した国民の生活資金、中小企業を中心とした運転資金の手当てが最重要でしょう。当然これらはタイミングが大事です。政府の最低限の守備範囲です。これが出来なければ、日本は(一旦?)破滅的状況を迎える気がします。
しかし、それだけですと、当面の資金繰りが長期にわたり、資金手当てをし続けることになり、国債の増発がより莫大になり、どこかの時点で信用が一挙に崩れる恐れがあります。
いったん崩れた信用はパニックになり、簡単に止められなくなる恐れがあります。
そうなれば、ハイパーインフレにまでつながり、私たちの預金が紙くずになる可能性もあります。
私としては、総じていえば、「グローバルスタンダード」って、もう一度考え直さないか、と思います。前々から、欧米の価値観を押し付けられることに疑問を感じていました。
今回のコロナの対応を見ても、わが国の対応の結果から、「日本式」を、欧米にも一目置かせる機会になればと願います。
会社法についても、外部取締役等、「船頭多くして船山に登る」ことはないだろうか等、疑問に思う点があります。
多くの分野で欧米ナイズされすぎてないかと思います。商習慣についても、欧米から押し付けられることがなく、こちらの価値観も尊重されるようになることを願っています。
そのうえで、かつての日本の商習慣、例えば、大企業は、海外の安い労働力によって、製品を作るばかりでなく、国内の中小企業の技術力を育てるようにし、日本全体の内需が活気づくようになってもらいたいと切に思うところです。