コロナの猛威が収まらない

query_builder 2021/01/19
雑感

コロナの猛威が収まらない…。

どうなるの?


令和3年はコロナで幕開けになりました。


政府や多くの地方自治体は、PCR等の検査を嫌がり、なるべくしないようにという方針のようです。要するに「市中感染の陽性者は膨大な人数いて、それを相手にすると医療機関等がパンクするから、なるべく市中感染の陽性者は見ないふりをし(行政としては野放し状態)、彼らには自分で気を付けてください」ということでしょう。


特に、幸いに、ワクチンが開発されだし、2月末頃から順次、接種が始まる見通しのため、それまでの辛抱だと政治家さん達は内心考えているのでしょう。私自身含め、多くの国民も、希望的観測で、それを願っています。


ただ、一方で、先の定額給付金の配布作業を見ていると、国政関係者は、配るということだけ決めて、後の細かなことは、地方自治体の人達に投げちゃおう、って感じかな、と想像されます。2月末から、また、色々な問題について、混乱の様子をマスコミが報道しまくる状況が目に浮かびます。


これまで対応に当たった政治家さん達の多くは、クラスター退治でお茶を濁し、とにかく一所懸命何かやってるよ、ということだと思います。市中感染が膨大だと認識しながら、それは、手を付けず、見て見ぬふりをしよう、ということです。自分達で手を付けないから、皆さん自分達で、気を付けてくださいね、ということだから、精神論で私達にひたすら呼びかける。


しかし、精神論では、限界があると思います。


私が思うところの結論をまず申し上げれば、申告の義務を課さないPCR等の検査を拡充することが良いのかな、と感じます。それは、無料ないし、定額の検査キットの配布、あるいは、民間PCR検査会社の奨励により、とにかく、皆さんが進んで検査をするようになる状況にする。


今、仕事を抱え、休めない、あるいは、もし陽性であることが判明し、明るみに出たら、目に見えない差別に晒される恐怖を感じる、さらに、遊びに行きたいが、陽性が明るみに出たら、制約を受けるということで「もしかかっていたら……。」と、怖くて検査を受けられない。


病院等で陽性反応が出たら「見なかったことにしてくれ」とは言えない。しかし、そうならず、例えば自宅で一人で検査し、陽性反応が出た場合、ほとんどの人間が、もし、名乗り出なかったとしても、相当活動を控えるでしょう。街中で買い物に出たとしても「ほかの人に移したらまずい」と考え、人知れず慎重な行動をとるでしょう。


いずれにせよ、野放しすることに変わらないのなら、せめて、精神論での呼びかけに終始するのではなく、上記の対応を取るほうが良いと思います。勿論、検査キットや民間の検査体制については品質や取扱方法を国等がきちんと指導できる体制にしなければならないと思います。


検査キットにしても、結果は100%ではなく、陰性が出たからと言って安心しないでください、と、検査の限界もよく伝える義務を検査業者に課すなどすべきでしょう。


本当なら、3月の時点から、非常時の医療体制等を総合的観点から整備し、PCR等検査を広く国民に受けてもらうという方法が一番良かったと思うのですが、今となっては、期待薄でしょう。


以上、上記に申し上げたことは、あくまで素人の一案でしかありません。


ほかにも市井に、効果的な案を持っている方がいるかもしれません。ただ、私としては、上記申し上げた中に、誰かの何かのヒントになることが万に一つでもあればと願い、書いてみました。まだまだ、言い足りないことはありますが、とりあえずここで、筆をおかせてください。


皆様にとって令和3年が良い年でありますように!

記事検索

NEW

  • 【武蔵野の司法書士】ホームページリニューアルしました。

    query_builder 2021/09/09
  • 新型コロナ検査キット配布

    query_builder 2021/03/22
  • コロナの猛威が収まらない

    query_builder 2021/01/19
  • 開業2周年

    query_builder 2020/12/22
  • ルーツをたどる旅

    query_builder 2020/09/10

CATEGORY

ARCHIVE