【武蔵野市の司法書士】相続対策の優先順位、その1

query_builder 2021/10/17
雑感


 相続対策についての優先順位について考えてみたいと思います。


 一口に「相続対策」といっても、切り口が様々あり、「こちらが立てば、あちらが立たず」で、どこからどのような順序で考えたらよいのか、と悩むところでしょう。


 そこで、考えるべき切り口ですが、①争族対策②納税資金対策③節税対策④認知症対策、が挙げられます。


 結論から言いますと、まず、大きな戦略としては、①争族対策→②納税資金対策→③節税対策、の順番が優先順位だと考えます。


 そして、この大きな戦略を実現するための生前対策を行うにあたり、その障害を除去する対策が戦術であり、それが④認知症対策であろうと思うところです。


 まず、その①争族(俗に、「あらそうぞく」と呼ばれます。)対策とは何かですが、文字通り、相続人たち親族が、相続をめぐって揉めて関係悪化することを避けるためのものです。


 強い不公平感を生まないように配慮する、あるいは、配分に差が出たとしても、妨害がなされないように準備しておく、というところでしょう。


 まずは親族が揉めるのは、法定相続分がもらえない相続人がいた場合です。


 出来ることなら、そうならないように、強い不公平感を生まないように、公平に配分するのが基本です。


 しかし、遺産が全て現金あるいは預貯金ならば、簡単ですが、不動産など、分けるのが難しいものなどあるのが普通です。


 そのための工夫が求められるところです。


 また、相続について重要視すべきなのはまず、亡くなった被相続人自身の思いです。その人の財産ですから当然でしょう。


 そのためには、被相続人が生前対策として、遺言書の作成や民事信託(家族信託)の活用などを行い、杓子定規の法定相続割合ではなく、被相続人の願う配分にする必要があります。


 しかし、それが全て満たされるわけではありません。残された近しい親族については、いくら本人の希望とはいえ、一定の配慮をすべきでないかという観点があります。


 それが「遺留分」というものですが、相続人が配偶者・子・親だった場合は認められますが、兄弟姉妹だった場合は認められません。


 この「遺留分」があるために、その対策に頭を悩ませるケースが多いです。


 被相続人からしたら、「この子にはこれくらい残してあげたいが、あの子にはそんなに残したくない」というケースがあります。


 その壁になるのが、この遺留分です。


 そのためには、遺留分相当の現金を渡すことになるでしょうが、それに備えて、その現金を用意しておくためにどうするか、が対策です。


 この①争族(あらそうぞく)対策が優先すべき第一の戦略です。


 それでは、本日はこれまでとし、次回、つづきをお話いたします。





 


 

記事検索

NEW

  • 【武蔵野市の司法書士】公正証書遺言について

    query_builder 2021/12/01
  • 【武蔵野市の司法書士】使用者責任について

    query_builder 2021/11/29
  • 【武蔵野市の司法書士】再転相続について

    query_builder 2021/11/27
  • 【武蔵野市の司法書士】不動産登記法改正について10

    query_builder 2021/11/26
  • 【武蔵野市の司法書士】不動産登記法改正について9

    query_builder 2021/11/23

CATEGORY

ARCHIVE