【武蔵野市の司法書士】「大きな物語」について

query_builder 2021/10/22
雑感

 コロナウイルスの蔓延も、このところ、落ち着きを見せ、少し、気持ちが軽くなってきています。


 しかし、ウイルスは、新たなウイルスが台頭してくると、前のウイルスはそれに駆逐されるため、既存の発見済みのウイルスが減っていくというメカニズムをあるやに仄聞します。


 昨年は、インフルエンザが激減したという報道は記憶に新しいところだと思いますが、コロナウイルスにインフルエンザウイルスが駆逐されて、激減したのだという話もあるようです。


 どこまで本当なのか、私に真実は分かりませんが、今のコロナウイルス新規感染者の国内の激減がまだ認知されていない新たなウイルスが原因でないことを祈るばかりです。


 私も2回のモデルナワクチン接種を終わり、それでも油断せず、マスクを二重にし、手の消毒など、警戒を緩めていません。皆さんもそうだと思います。


 上記の話もありますが、一般的に考えれば、ワクチン接種が進んできたことが新規感染者の激減の大きな要因でしょう。


 世界的にはまだコロナとの戦いが続いているのですが、私たち日本人の体質や生活習慣と、ワクチン接種の促進が、ミックスしたことが、国内の落ち着きにつながっているのかなと感じます。


 すみません、前置きが長くなってしまいましたが、今回は、「大きな物語」についての話でした。


 衆議院選挙がはじまりましたが、おそらく今回は、与党がさほど議席を減らさず、野党が少しだけ議席を増やすという結果になり、岸田内閣が淡々と新たなスタートを切ることになるだろうと思います。マスコミでもそれを匂わす情勢報道が見られますが、そうだろうな、と感じます。


 なぜ野党が勝てないのか、それは、以前民主党が大きな期待を受けながら、新たな希望を持てる政治が出来なかったのに加え、いまだ、そこを乗り越えられていないからでしょう。


 勿論、菅内閣のままなら、野党は大きく議席を伸ばしたでしょうが、それでも、国民に対して新たなお土産を持たずに、挨拶に来ているような感じを今の野党には政権交代は無理だと思います。


 未だ、与党も野党も、新たな希望を感じられる政治を提示・実現出来ていません。


 それが「大きな物語」と思います。


 この言葉は、1979年に、フランスの哲学者が使ったものだと聞いております。


 


 


 

記事検索

NEW

  • 【武蔵野市の司法書士】公正証書遺言について

    query_builder 2021/12/01
  • 【武蔵野市の司法書士】使用者責任について

    query_builder 2021/11/29
  • 【武蔵野市の司法書士】再転相続について

    query_builder 2021/11/27
  • 【武蔵野市の司法書士】不動産登記法改正について10

    query_builder 2021/11/26
  • 【武蔵野市の司法書士】不動産登記法改正について9

    query_builder 2021/11/23

CATEGORY

ARCHIVE