【武蔵野市の司法書士】痛ましい事件について

query_builder 2021/10/27
雑感

 今回は、「痛ましい事件について」という題でお話ししたいと思います。


 このところ、「幼児虐待」のニュースを時折目にします。


 私も子供を持つ身になり、その子も今や中学生ですが、いつまでも子供は子供だなと思います。


 今でも、わが子がかわいいと感じますが、それは、まだ幼児だった頃の子供の姿が映像として、常に、浮かぶからだと、自分自身を分析しています。


 自身の母親は既に亡くなっていますが、今でも時折、しみじみ思いだしますが、思い出すのは、私が小学生の頃、夜具合が悪くなった時、夜の道を病院まで、一所懸命、私をおんぶして連れて行ってくれた姿です。


 思い出があると、いや、あればこそ、永遠の愛情を持つのかな、と感じるので、子供とは、幼い頃に休みの度に、一緒に虫を取ったり、魚を釣ったり、公園に出かけて一緒に遊んだり、思い出作りには思い残しはないくらいできました。


 わが子をかわいいと思うのは親なら誰しも、と思うのですが、そうではない「虐待」のニュースを取り折り目にします。


 街を歩いていて、よそ様の子供を見かけても、我が子の幼少時の姿にダブり、ほのかな幸福感を感じます。


 ニュースでも虐待された幼児の写真が写されますが、かわいい顔をした幼児がそんなおぞましい目にあっていた、と想像すると、戦慄を覚えます。


 なぜそんなことができるのか、どう想像をめぐらしても、私にはまったく理解不能です。その親たちは、その間、どのような気持ちなのか、人間としての、いや、というより、生物としての自然な行動とは、なぜにかけ離れているのか?


 「虐待された経験を持つ親が自分の子にも虐待する」と聞くことがありますが、本当にそうなのか?それが結論なのか?と、素人ですが感じでいます。


 虐待のニュースに際していつも感じることですが、報道姿勢として、単に事実を伝えることのみに終始しているように感じます。


 なぜ、親がそのようなことをしたのかについての分析がなされず、親自身の心に分け入って分析することをしない。


 私もそこを専門としているわけではない素人なのですが、もっと、踏み込んだ分析がなければ、犠牲者はなくなっていかないと思います。


 まだまだ、言い足りないことはありますが、とりあえず、今日のところはこれまでにいたします。


 

記事検索

NEW

  • 【武蔵野市の司法書士】公正証書遺言について

    query_builder 2021/12/01
  • 【武蔵野市の司法書士】使用者責任について

    query_builder 2021/11/29
  • 【武蔵野市の司法書士】再転相続について

    query_builder 2021/11/27
  • 【武蔵野市の司法書士】不動産登記法改正について10

    query_builder 2021/11/26
  • 【武蔵野市の司法書士】不動産登記法改正について9

    query_builder 2021/11/23

CATEGORY

ARCHIVE